048-885-5333

武蔵野線
京浜東北線

南浦和駅
より徒歩5

アクセス

国際興業バス「南浦和二丁目」より徒歩1分

結膜炎・花粉症

結膜炎とは

瞼の裏側から強膜にかけて、瞼と眼球をつなぎ、粘液と涙を生産して目の機能を補助している結膜という透明な組織があります。この部位に炎症を引き起こす病気が結膜炎です。

結膜炎には、大きく分けて感染性結膜炎(細菌性・ウイルス性)と、非感染性(アレルギー性結膜炎)があります。それぞれ原因や治療法が異なりますので、見極めが重要です。

感染性の結膜炎について

感染性のうち、細菌性結膜炎は主にインフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などで起こります。感染力が弱いタイプが多く、目立った症状が発現しないことも多いのですが、免疫力が弱まっているときは重症化することもあります。風邪などで全身の抵抗力が弱まっているときは要注意です。

他方、ウイルス性の結膜炎には、感染力が強いものが幾つかあります。耳の前や顎の下のリンパ節が腫れてくる「流行性角結膜炎(はやりめ)」、喉の痛みや発熱を伴う「咽頭結膜熱(プール熱)」、急速に充血や目ヤニが見られる「急性出血性結膜炎(アポロ病)」が代表的です。

ウイルスに良く効く点眼液はありませんが、細菌による混合感染を起こす場合があるので、抗菌剤の点眼液が用いられます。

アレルギー性の結膜炎について

非感染性結膜炎には、アトピー角結膜炎、アレルギー性結膜炎、巨大乳頭結膜炎などがあります。特に、花粉が原因となる季節性のアレルギー性結膜炎の罹患率が高く、春先にくしゃみや鼻水に悩まれている方が沢山いらっしゃいます。

この他、子供に多い重症なアレルギー性結膜炎として「春季カタル」があります。激しい眼のかゆみ、目ヤニによって日常生活に支障をきたすことも少なくありません。症状は一年中でますが、特に季節の変わり目に悪化することが多いです。

花粉症とは

結膜炎

スギやヒノキの花粉などが眼や鼻などから体内に侵入し、眼の痒み、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こす疾患です。本来は無害であるはずの花粉を異物と認識してしまい、これを排除しようとして鼻水が出たり、くしゃみが出たり、咳が出たりします。また、涙目、目の痒み・目ヤニが出て、鼻づまりなどによって頭が痛くなることもあります。
点眼治療、内服治療をしますが花粉が飛び始める前から早めに予防点眼と予防内服をしておくと花粉シーズンより楽に生活できるようになります。

ご自身でできる対策

  • マスクや眼鏡、帽子、スカーフなどを着用して花粉から防護する
  • ウールなどの衣類をなるべく避ける
  • 晴れた日や風の強い日は花粉が飛散しやすいので、特に念入りに防護する
  • 外出先で目の症状が強くなってしまったら、目の周囲を冷たい水で洗うか、冷たいおしぼりで冷やす
  • 帰宅後すぐ洗顔やうがいをする
  • 十分な睡眠をとって体調を整える

よしはら眼科

院長
吉原 睦
診療科目
眼科
所在地
埼玉県さいたま市南区南浦和3-14-17
電話
048-885-5333
最寄駅
南浦和駅
より徒歩5
南浦和駅より徒歩5分

診療時間

日祝
9:00-12:00
14:30-17:30

休診日:木曜、日祝
【受付開始時間】
午前は8:40から、午後は14:00から受付を開始します。
【診療予約について】
診察時に診療予約をお取りする場合があります。