048-885-5333

武蔵野線
京浜東北線

南浦和駅
より徒歩5

アクセス

国際興業バス「南浦和二丁目」より徒歩1分

麦粒腫と霰粒腫

麦粒腫とはよく言われている「ものもらい」のことです。

麦粒腫と

麦粒腫は、まぶたに細菌が繁殖し、膿が生じてくる状態です。一方、霰粒腫はまぶたの分泌腺に肉芽ができた状態であり、細菌感染を伴ったときは急性霰粒腫と呼ばれます。

麦粒腫と霰粒腫の主な症状

  • 瞼が赤くなり腫れている
  • まぶたのしこりの中心付近に白い膿が溜まっている
  • 目が痒い、痛い、膿、目ヤニが出る
  • 目がゴロゴロする(違和感がある)
  • まぶたの縁を触るとしこりを感じる

など

麦粒腫について

麦粒腫は、黄色ブドウ球菌などの細菌が原因となり、ものもらいが出来ます。まぶたの縁にあるマイボーム腺や、まつげの根元にある脂腺から感染し、炎症を起こします。

麦粒腫には、瞼の外側に出来る「外麦粒腫」と、内側に出来る「内麦粒腫」があります。前者はマイボーム腺以外の分泌腺に炎症が起こるタイプであり、瞬きをしたときに異物感が伴いますが、強い症状は見られません。これに対し、内麦粒腫はマイボーム腺が細菌感染し、かなり強い痛みを伴います。

麦粒腫の治療

麦粒腫の治療は、炎症の状態などによって異なります。軽度の場合は、抗菌薬の含まれた点眼薬を使用し、症状の改善を目指します。腫れを伴う場合は、点眼薬に加え、抗生物質や抗炎症剤などの内服薬も使用します。化膿が強いときは、患部を切開して膿を排出します。

なお、コンタクトレンズを装着していると、麦粒腫が治りにくくなります。暫くは使用を控えるようにしましょう。

霰粒腫について

まぶたの奥にあるマイボーム腺の開口部が何らかの要因で塞がってしまい、この中で肉芽腫性の炎症が起きて腫れてくる病気です。

初期の段階では、まぶたの腫れ、痒み、軽い痛みなどの症状が現れますが、通常は数日で痒みは治まります。しかし、完治したとは限りません。まぶたの中に瘤ができ、放置しておくと次第に成長し、眼球を圧迫し、膿が出てくることもあります。

霰粒腫の治療

霰粒腫は放置していても自然に治るケースも少なくありません。しかし、角膜を圧迫するなど、症状が重いときは、手術によって除去したり、ステロイド注射で脂肪の吸収を促進する治療を行ないます。また、膿が溜まって症状が悪化する前に、抗菌薬などを点眼しておくことも効果的です。何度も麦粒腫が出来るときは、がんなどを発症しているケースもありますので、早めに眼科医を受診すると良いでしょう。

よしはら眼科

院長
吉原 睦
診療科目
眼科
所在地
埼玉県さいたま市南区南浦和3-14-17
電話
048-885-5333
最寄駅
南浦和駅
より徒歩5
南浦和駅より徒歩5分

診療時間

日祝
9:00-12:00
14:30-17:30

休診日:木曜、日祝
【受付開始時間】
午前は8:40から、午後は14:00から受付を開始します。
【診療予約について】
診察時に診療予約をお取りする場合があります。